2.Lifesize Cloudでできること【サービス利用編】

第3回 Lifesize Cloudの魅力をご紹介します!VTV PLUS
この記事は約3分で読めます。

世界で初めてHD画質のテレビ会議専用機を世に送り出した「Lifesize」社。クラウドサービスもテレビ会議メーカーとして先駆的に取組み、現在では多くの企業でご利用されています。

Lifesize社が提供するテレビ会議クラウドサービス「Lifesize Cloud」が大・中・小企業問わず採用されている一番の理由は【シンプル&NOストレス】でテレビ会議の利用や運用ができるからなのですが 、実際どのようにしてVMR(仮想会議室)へ接続して会議を行うのか、パソコンやスマートデバイスからの接続方法は?といった、サービスの利用方法を動画を交えながらご紹介させていただきます。

テレビ会議システム専用機(Lifesize:Icon600)からLifesize CloudのVMRへ接続する方法

それではLifesize社のテレビ会議システム専用機「Icon600」からLifesize CloudのVMRへ接続する方法をご紹介いたします。
Lifesize社のテレビ会議システム専用機をご使用いただくことで、より【シンプル&Noストレス】にLifesize Cloudをご利用いただけます。その理由も含めてご紹介させていただきます。

タッチパネル操作で、誰でも簡単にテレビ会議に参加

Lifesize Cloud導入時、サービスに接続されるLifesize社のテレビ会議専用機やID保持者の情報を事前にレジストレーション(登録)することで、サービスログイン時にどのデバイス(テレビ会議専用機・パソコン・スマホやタブレットなど)にも共通なアドレス帳情報やプレゼンス情報が配信されます。

Icon600の場合、専用リモコンを利用するとモニターにアドレス帳情報とプレゼンス情報(テレビ会議専用機やユーザーがサービスにログインしているか、していないかが判明できる情報)が表示されますが、タッチパネル内蔵の「Lifesize Phone(スピーカー内蔵PODマイク)を利用すれば、タッチパネル内ですべての情報を閲覧することができます。
Icon600に限らず、Lifesize社Iconシリーズのテレビ会議専用機であれば同じサービスが受けられます。

Lifesize Cloudテレビ会議システムへの接続方法

こちらがIcon600のモニターで表示されたアドレス帳情報の画面です。

Lifesize Cloud接続方法 テレビ会議システムから接続する

こちらはLifesize Phoneのタッチパネル画面です。

アドレス帳情報は3種類あり

  • テレビ会議専用機のアドレス帳とプレゼンス情報
  • 登録ユーザーのアドレス帳とプレゼンス情報
  • VMR(会議室)のアドレス帳と利用状態

と、参加する会議やコミュニケーションしたい人など、用途に応じて使い分けることができます。

① では【定例】大阪営業朝礼 というVMRにIcon600でLifesize Phoneを操作しながら接続したいと思います。操作は非常に簡単です。

1.開始をタップ

Lifesize Cloud接続方法 Lifesize Phoneから接続ステップ1

2.通話をタップ

Lifesize Cloud接続方法 Lifesize Phoneから接続ステップ2

3.会議をタップ

Lifesize Cloud接続方法 Lifesize Phoneから接続ステップ3

4.【定例】大阪営業朝礼をタップ

Lifesize Cloud接続方法 Lifesize Phoneから接続ステップ4

5.ビデオとしてダイヤルをタップ開始をタップ

Lifesize Cloud接続方法 Lifesize Phoneから接続ステップ5

② なんと電源を入れてから「5ステップ」でVMRに参加する事ができました。既に3拠点が接続されており、自拠点を含め4拠点接続となっています。資料共有(H.239)やマイクミュート、カメラ操作などリモコン操作は一切不要。すべてLifesize Phoneのタッチパネルだけで操作できます。

Lifesize Cloud接続方法

それでは一連の流れを動画で確認してみましょう。 再生時間は2分21秒です。

いかがでしたでしょうか? 誰でも直感的かつスムーズにパソコンから会議参加することができると思います。
それでは次にスマートフォン、タブレットからVMRに参加する方法をご紹介いたします。

スマートフォン、タブレットからLifesize CloudのVMRへ接続する方法

次にスマートフォン・タブレットからLifesize CloudのVMRへ接続する方法をご紹介いたします。
今回はiPadを利用します。会議参加前、事前に「APP Store」にアクセスし、「Lfesize」を検索し専用アプリをインストールしておきます。アプリは無償で配布されています。

タブレットからLifesize Cloudへアクセスする

①Lifesize Cloud専用アプリをタップして起動します。起動したら「サインイン」欄に自分のメールアドレスとパスワードを入力します。

タブレットからLifesize Cloudへアクセスする ステップ1
タブレットからLifesize Cloudへアクセスする ステップ2

②ログインできました。パソコンの操作画面とほぼ同じインターフェイスになっており、デバイスが変わっても戸惑うことなく利用できます。今回タブレットも【定例】大阪営業朝礼に参加します。パソコンの操作と同じようにディレクトリをタップし、画面右上の「会議アイコン」をタップします。【定例】大阪営業朝礼をタップし、最後にカメラアイコンをタップすればVMRに入室できます。

タブレットからLifesize Cloudへアクセスする ステップ3

③VMRに入室しました。操作に必要な主なインターフェイスのご説明です。

タブレットからLifesize Cloudへアクセスする ステップ4
①カメラミュート
②マイクミュート
③切断
④資料共有
⑤詳細機能

それでは一連の流れを動画で確認してみましょう。

いかがでしたでしょうか?まさに直感的に利用でき【シンプル&NOストレス】でテレビ会議に参加することができますね。

それでは次にMicrosoft Skype for BusinessからVMRに参加する方法をご紹介いたします。

Microsoft Skype for BusinessからLifesize CloudのVMRへ接続する方法

最後にMicrosoft Skype for BusinessからLifesize CloudのVMRへ接続する方法をご紹介いたします。
ビジネスツールとして多くの企業が利用されているOffice365のUC(ユニファイドコミュニケーション)アプリSkype for Business。ですが社内外と接続して会議をしたい、テレビ会議システム専用機と接続して会議を開催したいというユーザーのニーズも多いはずです。それではSkype for BusinessからLifesize CloudのVMRへ接続する方法をご紹介いたします。

Skype for BusinessからLifesize Cloudへアクセスする

①「ユーザーの検索」欄にLifesize Cloudの「ビデオアドレス」を入力し、パソコンのEnterキーを押します。ビデオアドレスは「7桁の数字@lifesizecloud.com」で表記されているアドレスです。

Microsoft Skype for BusinessからLifesize CloudのVMRへ接続する方法ステップ1

②次にカメラアイコンをクリックし「ビデオの開始」ボタンをクリックします。

Microsoft Skype for BusinessからLifesize CloudのVMRへ接続する方法ステップ2
Microsoft Skype for BusinessからLifesize CloudのVMRへ接続する方法ステップ3

それでは一連の流れを動画で確認してみましょう。

最後に

Lifesize Cloudで出来る事【サービス利用編】ではLifesize Cloudに作られたVMR(仮想会議室)にIcon600(Lifesizeテレビ会議システム専用機、パソコン、タブレット、Skype for Businessから入室して会議参加する方法をご紹介いたしました。

次の章では、Lifesize Cloudの管理方法を動画を交えながら解説させていただきます。